中途採用の基準をみてみましょう

外資系企業の中途採用の基準は、非常に厳しいと考えておくべきです。外資系企業は年収が高いみたいだからチャレンジしてみようかな?なんて軽い気持ちでいると、書類選考の段階で次々に落とされてしまいます。明確な視野を持ってのぞまなければ、外資系企業の中途採用に合格することは難しいでしょう。日本企業にも同じことが言えますが、外資系企業の中途採用はとにかくキャリアを重視します。ですから、いかに自分のキャリアをアピールできるかが、成功の鍵を握るのです。

外資系企業の中途採用では、「どこの企業で働いていたか」はあまり問題になりません。問題なのは、「どんな仕事をして、どんな経験をしているか」なのです。あなたが担当したプロジェクトの内容や、どんなスキルを持っているかが問われます。大企業や有名企業での経験は、大きな組織で働いた経験として考慮してもらえます。しかし、そこで何を成し遂げたかを主張できなければ、問題外と見なされるでしょう。

外資系企業は日本企業にくらべ、転職の回数を気にしないと言われます。ただし、目的のない転職を繰り返していれば、やはり減点の対象になってしまいます。特に、短いスパンで色々な企業を渡り歩いている方は、やる気がないと判断されてしまいます。キャリアアップのために転職をしたとか、外資系企業でやりたい仕事があったので転職をしたとか、前向きかつ強力な動機があったことをアピールする必要があるでしょう。

新卒も・中途採用もこれをご利用下さい!

会社に就職するときにどういった活動を行うでしょうか。会社のホームページからエントリーするのもOKでしょう。しかし中途採用の期間や枠がなければそもそも受付もしてくれません。そんな時に使えるのがリクナビやマイナビといった転職サイトです。こちらにエントリーしておけば、要望する業種の会社求人を向こう側から提供してくれるので、いま人材がほしい企業にすぐアクセスできるのがメリットなんですよ。

基本的に中途の転職者向けなわけですが、新卒向けの窓口もあるので探してみて下さい。

外資系だけでなく海外という選択肢

外資系企業が日本国内に設立した支店や支社で勤務することを目指すのは勿論ですが、海外で働くことを視野に入れればより多くの魅力的な求人と出会えるチャンスでもあります。しかも外資系にかぎらず日系企業も海外に拠点を置いて活動していますので、日系に勤めながら海外で働くこともできるわけです。

もし自分自身で探して良い企業がなければ海外に視野を向けてみてはいかがでしょうか。その際には次のサイトでどの国を目指せば就職しやすいか、求人と出会えやすいか、チェックされることをおすすめします。海外で働く方法|求人を探すならコレ