カテゴリー別アーカイブ: 未分類

関西人から見た上海の観光事情

上海へは友人と昔、旅行で行きました。関空から上海へは2時間くらいで、沖縄の距離のフライトのような感覚でした。宿泊先はアールデコ調のクラシックなホテルでどちらかといえばヨーロッパのようなレトロな雰囲気とモダンなアジアを融合させているかんじだったのが意外な印象でした。行ってみて驚いたのが、浦東の景色が大阪の南港、外灘の景色が大阪の淀屋橋エリア、南京路とよばれる繁華街が大阪の道頓堀に似通っていて、海外なのに大阪にきてるのかと思いました。友人の同僚が上海勤務だったようで、いろいろ話をききながら、ガイドしてもらったりもしました。小泉首相も行ったという上海蟹で老舗のお店の蟹料理がメニューも多くて美味しかったです。地元の食堂のようなところでもソウルフード的な小龍包やワンタン麺はスープがやはり決めてのようでした。しかし、逆に中国では中華料理以外はほとんど口に合いませんでした。グランドハイアットにある87Fのバーなどにも行き、途中で高速エレベータを乗り継ぎして、その時にグランドフロアーまで見える景色が凄かったです。バーは420mに位置するスカイラウンジで、お店も賑わっていて、お客さん達は上海ナイトを楽しんでいるようでした。

グルメの国、香港

香港初めて行ったときの印象は、「派手だな!」という感じでした。国として発展している事は知っていましたが、町並みがとても豪華で、“100万ドルの夜景”と言われるだけあって、夜はきらびやかなネオン街になります。しかし、都心から一歩外れると自然が多く、ハイキングやスポーツが楽しめます。物価は日本に比べて安価ですし、香港で有名な小籠包が美味しいお店が多く、心ゆくまで本場の味を楽しめました。香港の地元の人は、朝に家族全員が集まって飲茶のお店で飲茶を楽しむのが普通のようで、朝からお店は満席の状態でした。ブランドショップやデパートが立ち並び賑やかな都心に行くと、路上で偽者のブランド品を売りつけてくる人やスリの人が多いようなので要注意です。私が印象的に思ったのは、以前イギリスの植民地であった過去があったせいか、英語が話せる人が多い事でした。私は北京語は話せないので、英語が通じるのは大変ありがたかったです。また、高層ビルや巨大なホテルが多く、とても発展した国であると感じました。外国からの観光客が多いのも納得です。ちなみに香港では、日本と同様ネットの普及によってネット犯罪が急増しているらしく、青少年に対し注意を呼びかけているようです。

様々な求人案件をチェック!

外資系企業では様々な求人案件があります。しかし、実際にどんな職種が求められているのかは、転職者からは分からないものです。あなたが外資系企業で働きたい!と考えていても、ニーズのない職種では意味がありません。時間をかけて転職活動をしているのに、なかなか成果があらわれないことになってしまいます。ですから、どんな外資系企業でどんな職種が求められているのをチェックすることは、非常に重要なことなのです。

たとえば、外資系企業における事務職は求人案件が少ないケースがあります。ただし、管理職の場合は話は別です。きちんとしたマネージメントができる人材は、どこの外資系企業でも欲しがっているからです。どんな職種にも言えることですが、自分で仕事をこなしつつ、部下の管理ができる人材は有利に転職をすることが可能です。外資系企業の事務職は、中途採用だけでなく新卒での採用も多い職種です。新卒採用のタイミングとかぶらないように、上手に転職活動を行うことをおすすめします。

外資系企業における営業職は、安定して求人があります。たいていの企業では、通年で積極的に中途採用を行っています。ただし、それだけにライバルが多いのも事実です。他の人にはないあなただけの魅力をアピールできるようにしておきましょう。外資系企業における専門職は、営業職と同じように積極的に中途採用が行われています。しかし、通年でというよりも、突発的に求人が出るケースが多いですね。